読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『まだ、走ってんの?』

KSB素人ランナー、妄走~日誌

2016アンコールワットエンパイヤ&ハーフマラソン@カンボジア③

遠征日記

2日間遊びつくして、マラソン本番

マラソンス

 

タート時間は4時半ということで、朝3時起床。

睡眠時間4時間弱、前日のお酒も残っていま~す。(いつものことですが)

 

前日のトゥクトゥクの兄ちゃんに予約して起き、ホテルを3時半に出発しました。

スタート地点はアンコールワットの真ん前!

道中は同じようにトゥクトゥクに乗りスタート地点へ向かうランナーがちらほら。

 兄ちゃんの爆走のおかげで、4時前に到着。

f:id:IwamuRock:20160814215116j:plain

出場選手は500人くらい(?)だけど、スタート地点は熱気むんむん。

こんな真っ暗な中森の中に(アンコールワットの真ん前ですが)によくこんなに集まったなと(笑)

f:id:IwamuRock:20160814215212j:plain

 

 

心配していた荷物の預かりも問題なく済ませて、いよいよスタートを待つばかりと思いきや突然のスコール!!

 

f:id:IwamuRock:20160814215238j:plain

ここでもか!

 

一応無事にスコールもやみスタートかと思いきや、なかなかスタートしない・・・

どうも挨拶する偉い人の到着が遅れているらしくて、その影響で結局40分待ち。

まあ色々ありますね~。

なんだかんだで無事スタートすると、まずアンコールワットから離れ町中に向かいます。

f:id:IwamuRock:20160814215303j:plain

気温はスタート時点ではあまり高くなく、走りやすい(気がした)天気。コースもほぼフラットで気持ちのいい走りだし。

 

7キロぐらいで折り返すとアンコールワットの方へ戻り、途中で右にカーブを描きスラ・スランの方へ。

エイドステーションは給水のみ。それもペットボトルごと水を配る今までにないかんじ。国ごとで特色があるんだな~と思いながら前半は気持ちよく走ってました。

 

途中現地の小学生が道にズラッと並んで応援してくれます。前回に続きキティちゃんのかぶりものをかぶって走ったのでめちゃくちゃ応援してくれます!ただ人数が多すぎ!!応援にこたえるのに一苦労でした。

20キロぐらいからはひたすら遺跡の中を走る豪華なコースでしたが、後半は案の定それを楽しむ余裕のない状態でした。幸運にも曇りだったので、ゴールするまでに気温の上昇はあまりありませんでしたが、ただただ多湿!!

かいた汗が乾かず、Tシャツ&ズボンは濡れてグチョグチョ・・・。さらに30キロを過ぎると足の痛みも襲い掛かり、キロ6~7分をうろつくレベル。後半はただただ苦しいレースでした。

ただふとしたところで目に入ってくる遺跡はやっぱり豪華!

f:id:IwamuRock:20160814215347j:plain

 

f:id:IwamuRock:20160814215406j:plain

結局なんとか3時間59分でゴールテープを切りましたがもうヘトヘト。

f:id:IwamuRock:20160814215446j:plain

初マラソンの後輩は4時間50分で死んでました(笑)

ただピカチュウは大人気だったようです。

 

f:id:IwamuRock:20160814215542j:plain

レース後はまたトゥクトゥクでホテルに戻り、そのままチェックアウト(本当は少しゆっくりしたかったのですがしょうがない・・・)。

 

飛行機までまた少し町中をブラブラし空港へ。

 

ここでまたもう一難!!

帰りの飛行機がキャンセル!!

結局別の飛行機に乗れるよう振り替わっていましたが、そんなこともあるのかっと。

 

色々と濃い旅でしたが、楽しい遠征でした。

f:id:IwamuRock:20160814215916j:plain