読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『まだ、走ってんの?』

KSB素人ランナー、妄走~日誌

【今さら】ファラーに魅せられて【オリンピック回想】

無駄に分析

f:id:IwamuRock:20160828212244j:plain

オリンピックが終わってしばらく。

 

普段陸上競技なんてほとんど見ないのですが、やはりオリンピック期間は見入ってしまい・・・夢中になりました。

 

今さらながらその回想録を少し(笑)

 

今回は男子5000m&10000mを制したM・ファラー選手を。

陸上競技は無知ななため全く見るつもりもなりませんでしたが、たまたまTVをつけたところで10000mの決勝が。

 

何の気なしに見始めると、そのまま見入ってしまいました。

夢中になったのはそのレースの展開!10000mも走るのに最後の1周まで4~5人の混戦模様。その最後の1周のその最後の最後まで競り合いが続き、最後100mで他の選手をぶっちぎったのがM・ファラー選手でした!

なんとファラー選手は途中で転倒というアクシデントもありましたが、そんなことはもろともせず優勝してしまう強さ!

 

f:id:IwamuRock:20160828140646p:plain

チームメイトのラップ選手に大丈夫だという合図もカッコいい!!

f:id:IwamuRock:20160828140840p:plain

www.youtube.com

 

そんなM・ファラー選手とは

モハメド・ファラー - Wikipedia

ハメド・ファラーは、イギリスの陸上競技選手、専門は中長距離走。ソマリア出身。北京オリンピック男子5000mイギリス代表。2007年全英選手権5000mおよび2003、2005、2007年全英室内選手権3000m優勝者、ナイキ・オレゴン・プロジェクト所属。 ウィキペディア
 
生年月日1983年3月23日 (33歳)
身長175 cm
体重58 kg

なんと世界陸上とオリンピックの5000m&10000を両方2冠&2連覇している選手なんですね~。知らなかった僕が無知なだけでした。

そのファラー選手の特徴といえば、最後のラストスパート!!

 

最後の1周、いや最後の100mでの他の選手がついていけないようなダッシュがすごい!!

一対どれぐらいのペースで走ってるのか気になったので調べてみました~

ただ今回のオリンピックの詳しいデータが見当たらいので・・・。ということで今回は2013年のモスクワ世界陸上の時の記録と2012年のロンドンオリンピックの記録(動画をみながらメモしたものなので正確ではありませんが・・・)をグラフにプロットしてみました~

          ↓

f:id:IwamuRock:20160828104842p:plain

400mのラップタイムでいうと大体65秒前後をキープしているようです。

1㎞でいうと2分40~45秒ぐらい。これだけでも僕にとってはすごいペースなのですが。。。なんと9600m走ってきて、ラスト1周400mは53秒台!

100mを13秒台・・・!!いやはや恐るべし。

これはファラーが所属しているチーム、ナイキ・オレゴン・プロジェクトの練習方法によるものだとか。

 

そして最後はお決まりのこのポーズ~

すっかり魅了されてしまいました(笑) 

f:id:IwamuRock:20160828105051p:plain